スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上手くなる人と下手なままな人。

今日は昨日に改めて思ったこと。
アクションゲームや格闘ゲームが上達しない・・又はずっと苦手意識を持つ人が
ほぼ10割する行動について。
ちょっと毒舌気味かもしれないし気を悪くするかもしれません。
15年程人のプレイ見て思った事をはじめて記事に書きます。
最初に言っておきますが、あくまで対戦物や人と接するアクション物についてなので
対CPUのストーリーモードの楽しみとかそういうのは割愛します。

それでは興味あればどうぞ。

昨日、格闘ゲームの上達で悩んでいる知り合いがXBOX360のスーパーストリートファイター4を
購入してきたのですが家に戻ってまず最初にやり始めた事が

「練習モード」

だったんですよ。
このパターンて今まで何度も見てきた一番ダメな事。
(新キャラの必殺技を空打ちしてどんな技か把握する程度なら問題ないですが)

そしてアクションゲーム苦手な人殆どが起こす行動だと今まで見てきてます。
主に

「初心者だし下手だからとりあえず練習してある程度サマになってからがいいでしょ」

というドロ沼にハマる考えを持っています。
もっと捻くれていると

「負けると恥ずかしい」とか「仲間のレベルについていけない」とか

そんな事言い出します。
だからこそ最初の

「とりあえず練習して上手くなってから」

っていう考えに至るのでしょう。
でもね、これすごい間違ってんだよ。

練習で全然上手くならないとは言わないけれど「苦手」なのは変わらないし
「ある程度納得するレベル」にすらいかないのは確実。

なら、上手い人はどうやってるのかってなる訳ですが最初から上手いはずなんてありません。
練習なんてせずにもうぶっつけ本番で対人戦です。
もちろん負けまくりますし内容なんて散々なんですよ。
でもね、そうしてプレイして行く人が確実に上手くなっていきます。
荒波にもまれるとでもいいましょうか。
昔、というか今もかな ? 新作の格闘ゲームがお披露目されるとロケテストという形で各地の少数のゲーセンに
設置されるのですがそれは対戦台一台なのが普通です。
早く新作やりたい人間が並んでプレイするわけですが、こんな状況で悠長に練習なんかできませんよね ?
そして一般に公開されても大抵は対戦台しか設置されません。
つまり、いつでも2P側から乱入される訳です。
CPU戦でゆっくり練習なんか出来ません。

このような環境なのが普通で腕に自信がある連中の中でボコボコされて育っていく。

「アクションゲームは負けて強くなれます。」

上は格闘ゲームの例ですが格闘ゲームに限らずアクションゲームで人と遊ぶようなゲームの場合も
当てはまります。
最近多いアクション要素あるネトゲーとかいい例かもしれません。
ネトゲの場合は周りの空気読まないような独りよがりプレイに育つので(一人で全部するので)
PTでは有効な行動とソロで有効な行動の違いがわからないのでカラ回りしますね。

とにかく「下手だから一人で練習してから表出るよ」
っていうスタイルの人がいつまでも苦手だのできないから文句言いまくったり
少し大人なら何も言わずカミングアウトしてく。

やり方が間違ってんだもの当たり前だよ。

棒立ちの練習モード相手に練習なんてするのはコンボの精度を上げるための反復練習くらいです。

一人で遊ぶアクションゲームは自然とCPUとの戦いになるので
操作技術云々より大切な心理戦についてまったく駆け引きが上達しません。
CPUなんてコチラの動きに反応して返してくるだけのハリボテです。

ぶっちゃけ操作がおぼつかなくて必殺技なんか出せなくても確実に自分のターンに持っていって
強パンチなりキック等確実に当ててくだけで結構イケるものです。
ポチっとボタン押すくらいなら苦手も糞もないでしょう ?

操作よりも試合の運び方が最重要なのでそれを養われない一人プレーというのは全く
役に立たない事を覚えておくべき。

余談ですがイメージトレーニング代わりに有効かなと思っているのが将棋とチェスです
これらを携帯のアプリでもなんでもいいですから
一分か一分半(格闘ゲームでの一般的な1ラウンドの時間)に設定して
プレイします。
これだとまったく対等ですので格闘ゲームにありがちなキャラ間の強弱にあたる
要素がないように思えますが飛車や角を抜くことで代用できます。

頭の回転速いのが重要なので個人的には良い練習になります。
攻めや守りのロジックを対戦相手より2歩も3歩も先に組んでいく事を養えるかなと。

という風に操作云々でなく単純に頭の回転の速さです。
勉学が出来るやつとかそういう意味ではありません。
私は頭は悪いですしね(笑

「どこまで相手を騙せるか」なので頭の使い方が別ベクトルですね。

対戦ゲー強い人って詐欺師になれると思います

なんて冗談は置いておいて、まとめに入りましょう。



上達には負ける事やキャラが死んでしまう事を恥ずかしがらずどんどん人と接して対戦なり
協力プレーして行く事が大切です。

ほんと自然に上手くなりますから。



 ※実はこのような内容はどこにでもアクション物の初心者講座みたいな項目に載っていたりします。
  今はPCでWIKIなんてある時代ですしね。
  ずっと自分が思ってた事が似たような事がWIKI等に書れていると「やっぱりな」と思っちゃったり。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ぽこ

Author:ぽこ
画像はマビノギのMYキャラを友人に描いてもらった物でトテモお気に入り。

ドラゴンネスト バルナック鯖「Pokoroko」 ボウマスター プレイ中。

マビノギでルエリサーバー「roko」たまに遊んでます

talesweaverレコルダブルサーバー 瑞姉
(ティチエル)休止中。

東方非想天則1.10 レミリア 萃香

このサイトはリンクフリーです。

ついったー
お気に入り
カウンター
2248+
リンク2
最近の記事+コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。